コロナ脳ども、これ以上日本を破壊するな!

ワクチン教・マスク信者も逝ってよし!

「インフルワクチンは毎年接種している。だからコロナワクチンを多数回射つのも疑問に思わない」

以前、以下のようなツイートを見かけた。

(新型コロナ)ワクチンって当初、3回目、4回目なんて言われてませんでしたよね。10回目、20回目になっても、おかしくないのですか? 

まったくその通りだと思う。新型コロナワクチンについては、接種開始前は「2回」と聞いていたが、それが3回、4回と増えていっている。最初と話が違い過ぎる。

さて、この疑問に対し、某小説家は以下のように述べた。

私はインフルエンザワクチンを20年毎年接種しています。特に問題なく過ごしていますし、疑問に思っていません。

インフルワクチンは20回射って問題なかったから、コロナワクチンも10回、20回接種になっても疑問に思わないそうだ。

はあ? 何を言っているんだ? インフルワクチンとコロナワクチンじゃ、明らかに質が違うだろうに。

インフルワクチンを射った後に、大多数の人が38℃とかの副反応で苦しむか? わざわざ解熱剤を用意して予防接種に臨むか? インフルワクチンで、毎年多数の健康被害が報告されているか?

明らかに違うものを同列にして比較し、片方に問題がないから、もう片方にも問題がないというメチャクチャな理論。猫とライオンを比べて、「ほ~ら、猫は家で問題なく飼えるでしょう? だからライオンも家で飼って大丈夫」と言っているようなものだ。

もっとも、猫とライオンは同じネコ科の動物だから、まだ同列比較は許せるかもしれない。しかし、インフルワクチンとコロナワクチンは仕組みが全然違う。前者は不活化ワクチンで、後者はmRNAワクチンだ。仕組みが違えば、当然、安全性などに関する考え方だって別にするべきだろう。